Thursday, July 30, 2015

ドルニエ



天文台裏から調布飛行場の着陸を眺め、辰巳屋のココナッツチキンカレーを購い帰る。いつの間にか武蔵野の森のアリーナも形を成している。

Wednesday, July 29, 2015

電子メディア時代



朝、天文台通りに警察の長いトラックが通った。中野へ歯医者に行った帰りに新井薬師前に出て、上井草のカリーナでサンドイッチを買い込む。

Sunday, July 26, 2015

萩の原



ヘリと緊急車両の音が喧しいと思ったら、調布飛行場の近くでセスナの墜落事故。猛暑の中、近くのファミレスに行くと、エアコンが壊れて店内が40℃以上だというので、すごすごと帰る。天文台通りは途中で封鎖されている。近々、平日の昼間にでもプロペラカフェに行こうかと思っていたところだったのだが。

Sunday, July 19, 2015

武闘派



野川沿いの住宅地を歩くと、暑さに参ってグダグダしているネコだらけであった。ただし、近づいてみると、殺る気がないわけではない。

Tuesday, July 14, 2015

閉伊川

R0033438

田老から宮古まで南下して、昼食に寿司。新鮮な鯵が美味い。以前、盛岡で買って忘れられなかった相馬屋のパンを買い込んで、閉伊川に架かっていた山田線の橋梁跡をみる。向こう岸に半分だけ残された橋桁には海鳥がびっしりと並び、此岸には橋脚のみがポツンポツンと並んでいる。

R0033456

宮古からは閉伊川沿いに車を走らせて盛岡に戻る。閉伊川には鮎釣りの姿が多い。2時間ほどで盛岡に到着し、軽く盛岡バスセンターを見学した後、福田パンの本店でパンを買い足して盛岡駅へ。「SL銀河・さんまかば焼き弁当」を購い、はやぶさに乗込む。はやぶさは仙台〜大宮が約1時間。なかなか衝撃的なスピードであった。帰宅して買い過ぎたパンをつまむ。記憶に違わず相馬屋のパンが美味い。福田パンのコッペも絶品だが、相馬屋でもコッペパンを買っておけば良かったなと思う。次は是非とも三陸鉄道で行こう。

Monday, July 13, 2015

田老

R0033339

三陸海岸に向かって小本に出てから、国道を少し南へ進み、田老の山道を分け入る。舗装の剥がれて荒れた道を4粁ほど進むと、明星大学のゲートが現れ、ほどなく田老鉱山の選鉱所が見える。緑に浸食されつつある瓦礫の中、崩落した天井から光が射し込む様は荘厳で美しい。山を下りて田老の町に出て、震災遺構として保存されているたろう観光ホテルを見上げしばし茫然とした。

R0033367

Sunday, July 12, 2015

龍泉閣

R0033247

7月5日。宿を出て、すぐ隣の龍泉洞へ。辺りには紫陽花が鮮やかに咲いている。龍泉洞の見学コースはかなり人の手が入ったもので、神秘的なドラゴンブルーに見入ってしまうという訳にはいかず、少々肩すかしを食らう。龍泉新洞の展示で、小船を船頭に導かれて観光している昔の写真があったが、あれなどはかなり気分が出たことだろう。

Saturday, July 11, 2015

岩泉駅

R0033120

時刻も既に午後5時を過ぎたので、後は龍泉洞の宿まで車を飛ばす。岩泉の町に着き、廃線となった薄暮の岩泉駅を訪ねると、ひぐらしが鳴いていた。町中を流れる清水川沿いに出てささやかなスナック街を歩く。ストリートビューで気になっていた小鳥店は更地になっている。商店街のスーパーにて、龍泉洞珈琲・龍泉洞烏龍茶・龍泉洞サイダー・龍泉洞の水などの龍泉洞飲料を贖い投宿。携帯は圏外。宿の歓迎版には嘉義の國民小学校などの名前が見える。宿の夕食の御食事はウニご飯であった。

R0033162

Friday, July 10, 2015

軽食喫茶リアス

R0033074

新郷村から八戸の市街を抜けて陸奥湊まで出て、みなと食堂の行列に並ぶ。看板の平目漬丼にせんべい汁セット。せんべい汁はこづゆのような具沢山の汁にふやけた南部煎餅の絶妙な食感が相俟ってなかなか美味い。食堂に一時間ほど費やしてしまったおかげで、幾分スケジュールが押したため、予定にあった八戸キャニオンをスルーして、ダラダラと三陸沿岸を下ることにする。蕪島や種差海岸を眺めつつ、海岸沿いを久慈まで進む。『あまちゃん』の駅前デパートを徘徊し、軽食喫茶リアスのモデルとも言われる喫茶モカにて小憩する。

R0033080

Thursday, July 09, 2015

キリストっぷ

R0033006

迷ヶ平から八戸方面へ車を戻してしばらく進み、新郷村のキリストの墓に立ち寄る。車を降りて歩き始めると俄かに激しい雨となったため、素早く盛り土の墳墓にお参りして、展示館でしばし雨宿りする。少し雨が弱くなってきたところで、土産にキリスト祭手拭いを購い、館員のお姉さんにキャラメル南部煎餅をいただいて展示館を後にした。

十時を過ぎ、麓の売店のキリストっぷも開店したようなので寄ってみると、雨宿りをしていた先客のお婆さん二人がお茶を飲みながら店の女主人と話しこんでいる。お二方とも可愛らしい方で、一緒に卓を囲んで村の話を聞かせていただく。お一方は色が白く西洋風の顔立ちで、これはやはりキリストの町なのかと思わされる。珈琲に茶菓までご馳走になり、すっかり歓待を受けた。新郷村に入るところで「悪い人が一人もいない町」とかいう看板を見たのだが、強ち言い過ぎでもないのかと思った次第。

Wednesday, July 08, 2015

迷ヶ平

R0032972

7月4日。十和田の宿を早朝に発ち、奥入瀬の渓流に少し寄ってから八戸方面へ向かう。途中、迷ヶ平という錆びたドライブインの看板が見えたので、ふらっと迷い込んでみる。微かにひと気があるので覗いてみると、串もちというのがあるそうで、一本いただいていく。じゅうね味という荏胡麻風味の素朴な餅である。新郷村の端にあたる迷ヶ平で食べられる串もちの別名は「元祖キリスト餅」ということであった。

R0032975

Tuesday, July 07, 2015

山なぞえ

R0032864

山頂からの道沿いに次々と現れる蒸ノ湯や後生掛などの温泉にも引かれつつ、そのまま八幡平を西側に降り、鹿角の市街に入る。鹿角ではまず史跡尾去沢鉱山を見学。ガランとしたテーマパークの奥深い坑道の入口に立つと、すっと冷気が襲ってきた。切符売場のお姉さんは13℃ぐらいだから上着を着て入れという。出迎える小熊のキャラクターの「鉱太」はやたらかわいい。長い坑道の奥には人形鉱夫が思い思いに休憩していた。コースの最後に見学者を送出す子供の合唱が耳に残り、後で調べてみると北原白秋作詞・山田耕筰作曲の尾去沢小学校の校歌であった。

R0032914

テーマパークから少し離れ、製錬所や製鋼所などの産業遺産コースも廻ってみる。彼方に見るコンクリート柱の骨組みだけとなった山麓の選鉱場跡は巨大な神殿のようでもあり、眼下に見える円形の製錬所はコロッセオの遺跡のようにも見える。花輪の市街に入って車を止め、あたりをつけていたコーヒー&パーラーヨコハマで夕食。店内には巨大な横浜港の絵がかかり、中空にはカモメが二羽飛んでいる。BGMはずっとサザン。ご主人はヨコハマからやってきたということで、つまり伊勢屋とかみたいなものだろう。豊富なメニューに目移りしたが、ピラフに生姜焼きがのった「ヨコハマグルメ」が実直で美味い。来客写真の中にはヨコハマ黄昏の五木ひろしの姿があった。

真っ暗な山道を地元の車に煽られながら十和田湖まで進み、湖畔の宿に投宿。暢気な格好で参上したものの、お仕事ですかと尋ねられて、少し恐縮する。旅装を解き、巨大な露天にダラダラと浸かる。夜になると部屋はまだ寒いぐらいであった。

Monday, July 06, 2015

八幡平

R0032563

7月3日。早朝の新幹線はやてで盛岡に向かった。盛岡からは友人の運転する車に同乗し、岩手北部周辺を周遊する。まずは岩手山を横目に東北自動車道を北へ進み、松尾八幡平へ向かう。残念ながら県道沿いのドライブイン山びこは五月で廃業したようなので、そのまま車を松尾鉱山まで飛ばした。

R0032605

旧鉱山の鉱毒中和施設に向かう道を少し行くと、鉱山住宅のアパート群が見えてくる。丘の斜面に立ち並ぶアパート群の遺跡感は想像していた以上に壮観である。車を止めて周囲を歩くと、カッコーやウグイスの声が聞こえる。藪の向こうのアパート群までかき分けて行くのは厳しいので、道路沿いにポツンと一棟ある独身寮跡に入ってみる。朽ちて崩れた窓から入ってくる光が、室内に生い茂った木や草の緑を透かして何とも美しい。しばらくして同好の士が二組現れたので場所を譲り、アパート群を見下ろしながら八幡平アスピーテラインを登った。

R0032623

八幡平山頂の藤七温泉に赴き、昼食にランチバイキング。新鮮な山菜がしみじみと美味く、自分で蕎麦を湯通しするというざっくりしたシステムがまた良い。張り紙にあったマイタケとアスパラのてんぷらは無くなっていて、カボチャ、サツマイモとしんじようみたいなもののてんぷら。食後に名水珈琲をいただいて、気付くと電波は完全に圏外であった。温泉の方は広々と開けた野天で何とも気持ちが良い。ここまで硫黄の匂いが強い温泉も初めてだ。土産に温泉名入りタオルと『きき耳東北艶草紙』なる艶笑譚の冊子を贖い、温泉を後にした。